失恋の悩み

top01

失恋の悩み

様々な種類がある占いですが、その一つに「電話占い」というものがあります。これは文字通り、電話占いを希望する相談者から占い師が電話を受け、電話越しに鑑定するというものです。

多くの人達に共通する悩みといえば恋愛が挙げられますが、その中でも失恋は特に深刻な悩みになりやすく、ときに人を自殺に追い込むほどです。実はこのような、失恋した相手をなかなか忘れられない、どうしても気持ちに整理がつかない、といった深刻な失恋の悩みこそ、電話占いによる鑑定が最も適しているのです。それは、電話占いが会話をベースとした占いだからです。

失恋して気持ちが塞ぎこんでいる相談者は、なかなか第三者に自分の気持ちを打ち明ける気になれず、一人で悩みがちです。占いの場で悩みを打ち明けられればよいのですが、残念ながら占いの多くは会話を必要としません。タロットカードや手相占いなどはその例です。

ところが電話占いは違います。何しろ電話越しですから会話だけが頼りです。相手のしぐさや表情を読み取ることさえできません。占いに必要な手がかりのすべてを、相談者に話してもらう必要があるのです。そのため、電話占いの占い師は一人の例外も無く、とても聞き上手です。そうでなければ電話占い自体が成立しません。
何よりもまず相談者の悩みに真剣に耳を傾け、その上で鑑定を行い最適なアドバイスを導き出してくれるのです。

一方、相談者にとっての電話占いの最大のメリットは、面と向かっては恥ずかしくて言い難いことも、電話なら気兼ねする必要が無く何でも打ち明けられる点にあります。「辛い」とか「悲しい」とか、自分の気持ちを素直に言葉にすることに何のためらいも要りません。感情を言葉で表現することで自分を客観的に見つめることができ、ぐちゃぐちゃになっていた自分の気持ちに整理を付けることができるのです。これも電話占いならではの大きな特徴です。

このように、電話占いでは自分の言葉で気持ちを整理することができ、未来へ向けての最適なアドバイスを受けることができます。失恋に悩んでいる人にとっては理想的な占いと言えるでしょう。

f01

トップページへ戻る