占い師の占術から選ぶ

top01

占い師の占術から選ぶ

占いには様々なものがあります。
ざっと挙げても星占い、姓名判断、夢占い、四柱推命、など有名なものだけでも数え切れないほどあります。
生まれた年月日で占うものが多いのですが色々な占術のなかで姓名判断は名前の字画によってその人の
性格、進んでゆくであろう未来の傾向、人の助力が得られるのかなどを占うもので、生まれた年月日で占う
占術が運命は変えられないのを前提にしているのに比べて名前を変えることによって「運命が変わる」としている
のが特長です。占い師によっては四柱推命など生まれた年月日で占うもので先天的な運命を判断し、その傾向
をみてそのひとの先天運に副った名前をつける、又は変えさせることで信頼されている占い師がいます。ここまで
すれば実力ある占い師といえるでしょう。この先天運、後天運の違いを占術によって使い分けることは占い範囲を
広げてより正確な占いを提供するものといえます。
また別な占術のひとつに夢占いがありますが、夢には予知夢、だけでなく深層心理が夢となって表れていることが多い
ので注意を要します。予知夢とそうでない夢との明確な違いを示していない占い師が非常に多いのです。
予知夢は中国の夢辞典などの古い解説書がありますが、未開の人種の間でも夢占いはあり、その占いの内容
驚くほど共通しており、似通っています。このことから本物の夢占いは世界共通の信頼するに足るものです。
占い師には霊感によってその人の将来をずばりと見抜く実力ある、本物の霊能者が稀に居ます。
地方にはたいてい1人か2人はそんな霊能者が居てその地方の人々に頼りにされています。
このような霊能者は単に占い師としてよりも人生相談にのってあげている場合が多いようです。
占い師としてはこのような人が一番です。
大抵は占いの知識のみを頼りに自分の人生経験を加味して話を進めているようで、これらの占い師は実力ある
占い師とはいえません。その場しのぎで何の根拠もないいわゆる口からでまかせを云っている占い師も多いので
見分ける目を養いましょう。

f01

トップページへ戻る