依存症

top01

依存症

電話占いというのは、対面でするものではありません。
占い師に電話をかけて電話越しに占ってもらうものになりますので、恥ずかしさというのは少ないと言えるでしょう。
悩みを打ち明けるというのは、その内容によっては恥ずかしくて打ち明けられなようなこともあるものです。
しかし電話占いのように顔をみられることなく声だけなのであれば、打ち明けにくい悩みであってもすんなりと相談できるともいえます。
悩みを相談する相手としては、電話占いではなかったとしても、友人などにもすることができるものでしょう。
しかし、その内容によっては友人に相談できない事もあるのです。
例えば、不倫の相談などは友人は聞く耳を持ってくれないかもしれません。
そんな悩みだったとしても、電話占いはきいてくれるようになりますので、相談しやすい所になるのです。
そういった様々な点が電話占いをするメリットと言えます。
しかし、どんなものにもメリットばかりがあるものではありません。
メリットがあるものには、必ずと言っていいほどデメリットがあることを忘れてはいけないでしょう。
ですので、電話占いにもデメリットがないわけではないのです。
例えばどういったデメリットがあるかというと、電話占いに依存しすぎてしまう可能性があるという事なのです。
もしもあまりにも電話占いに依存しすぎて、どんな小さな悩みでも相談を続けるようになってしまうのは危険と言えるでしょう。
電話占いに依存をしすぎることによって、自分での判断力を失ってしまうことになるのです。
そうなってくると電話占いがなくては生活をしていくことができないといったことになりかねませんので、依存をしすぎない事も必要になります。
依存をしすぎることによって判断力を失ってしまうだけではなく、毎月電話占いの支払いが大変になってしまう可能性も出てきますので、ほどほどにすることが大切です。
こういったメリットとデメリットをしっかりと理解したうえで利用していくようにしなくてはなりません。

f01

トップページへ戻る